FC2ブログ
恋人、友達、風俗での妄想エロ体験談を紹介していきますので皆様よろしくお願いします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

チャット友達 2

初めはいろいろな話題もちろんエッチな話題は一切無しで、俺が大学生ということもあって

か大学生活についての質問ばかり受けてました。相手の人も四大卒業してるとのことで

大学生活の話題がほとんどでした。

2時間ほど続いたときに折角知り合ったからメルアド交換しようとかスカイプはできるか

ということになり、結局スカイプで音声通話することになりました。

ごく普通の話題で話していたのですが途中で相手の声が上ずったり、小さな吐息が

聞こえてきて、途中からあきらかにわざと聞こえるような声に変わってきました。

俺は意地悪に「どうしたんですか?お腹でも痛いのですか」ととぼけて聞いて

やりました。

「私ね、今ね、自分でさわってるの・・・・あっ、うぅ」

「どこをさわってるの?」ともう1回とぼけて聞いてやった。

「あぁー、そ、そんなこと恥ずかしくて言えないわ、それとも言わせたいの?」

どうもこの女はMっぽいなあとその時感じました。

「さあ、どこなのかはっきり言ってみてよ、言わないならスカイプ切っちゃうよ」

「あぁー、そんなあ切らないで、お願いだから」

「だったら、早く言えよ」と命令口調で言ってやりました。

「はい、言います、だから切らないで・・・ね、あ、あそこさわってます」

「あそこ?、あそこじゃわからん、はっきり言うんだ」

「は、はい・・・お、おま・・・あああぁぁ、お、おまんこですぅ」

「そうかぁ、ちゃんと言えるじゃないか、よしよし」

俺はご主人様にでもなったような気分にさせられました。

「美沙子のおまんこは今どうなってるんだ?」

相手の女性は「美沙子」という名前です。

「はい、ベタベタに濡れちゃっています」

「じゃあ美沙子のおまんこがどれくらい濡れてるのか音を聞かせるんだ」

美沙子はマイクを近付けたようで小さな音で「ピチャピチャ」と

いやらしい音が聞こえてきました。

「音が小さいぞ、よく聞こえるようにしないと、聞いてやらないぞ」

「ああぁー、は、はい、待って下さい、よく聞こえるようにやります」

「聞いて欲しいのなら、ちゃんとお願いするんだな、でないと

 聞いてやらないからな!」

「は、はい、美沙子のいやらしいおまんこの音を聞いてください、あぁぁ」

と言いながら今度はかなりマイクを近づけたらしくはっきりと大きな音で

「ピチャピチャ、ジュルジュル」といやらしい音と、少し遠くで美沙子の

「あああぁぁぁ、いいいぃぃ聞いて下さい・・」といういやらしい声が

聞こえてきました。

さすがに音と声で俺のジュニアもピンピンに勃起してしまいました・・・・







スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

妄想プリンス

Author:妄想プリンス
ご訪問ありがとうございます!皆さんはじめまして!妄想プリンスと申します。いつも良からぬエロい妄想ばかりしております。いろんな妄想体験談をご紹介していきたいと思いますのでよろしくお願いします!

アダルト何でもあります!
なら何でもあります!
30歳以上のお姉様の求人です
チャットレディ募集ならマダムライブ
お姉さんの在宅アルバイト
チャットレディ 募集
不思議な女体の研究
超一流モデルを見たいなら
SOD(ソフト・オン・デマンド)ch
フリーエリア
安心・安全梱包・送料無料
大人のおもちゃ通販
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

あなたもPING送信しませんか


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。