FC2ブログ
恋人、友達、風俗での妄想エロ体験談を紹介していきますので皆様よろしくお願いします!
このブログはR18指定です。18歳未満の方の閲覧はご遠慮願います

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カップルクラブにて 2

4人はカップルクラブに行くまで期待と不安を抱きながらも居酒屋で飲んで
待ったのだった。

「さあ、そろそろ10時になるし、出掛けますか?」と律子が皆に号令を
かけた。

居酒屋から目的地まで歩いて10分ほどのところであった。

まずは律子がそこでバイトしてる友達に電話して確認を取った。
「まだ、時間が早いからお客さんは少ないらしいよ、どうする?」

「どうするったって?いくしかないだろう!」と浩一も行く気満々だ。

数分で4人は目的地に着き受付でエントリー料なる入場料を支払った。
「何で女は安くて男は高いんだ」と男二人はブツブツと文句を言っている。

店長なる人物に一通りのこの店というかマンションの中の色々な設備等の
説明を受けて案内してもらった。

まずは貴重品を預けてなぜかバスルームでシャワーを使用することになった
のだがまずは同伴の仲間で使用して欲しいとのことなので男女混合の4人で
入ることにした。

「キャー!飲んでなかったら恥ずかしいね!こういうのも、アハハ」
と律子が白々しく言う。

「何言ってんだよ、お前達は最近3Pしたらしいじゃんか!だから恥ずかしい
のは俺と千鶴子の二人だけだよな?」と浩一が言い返した。

「そう言われてみればそうだよな!4Pは初めてだな!でもここはもっと
いっぱいのカップルが来るわけだから10Pとかになっちゃうわけ?」
とあきらもやる気満々だ。

千鶴子と浩一は初めての裸の見せ合いとなったわけであるがさすがに恥ずかしい
のかタオルで前だけ隠していた。

一方の浩一は自慢のペニスを隠すわけでもなく堂々としたものであり、あきら
と律子も素っ裸でバスルームへと入っていった。

バスルームは多少の湯気がたちこめてはいたがお互いの裸体ははっきりと見る
ことができた。

「ねえ?浩一のあそこって相変わらず大きいわね、見てみて千鶴子」

千鶴子は恥ずかしそうにチラッと半立ちのそれを見ると「う、うんそうねえ!」
と答えるのだった。

「どうせ俺は小さいですよ!俺は小さくて悪かったなあ!」と関係ない所で
あきらがブツブツと皮肉を言っている。

「いいじゃんか、あきらはテクニックで逝かせるわけだから」と浩一も慰めている。

「そうだこれから知らないカップルとプレーって事になるかもしれないから4人で
予行演習しちゃおうか?」とあきらもふざけて千鶴子に抱きついてキスし出すし
律子と浩一もいちゃついてさわりあったりしているときだった。

「お邪魔します」という声が聞こえてきたのだった。

       つづく

◆3Pすきなあなたに◆







ライブチャット マダムライブ


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

[ 2011/09/28 05:22 ] カップルクラブにて | TB(1) | CM(2)

カップルクラブにて 1

土曜日の夜、あきらは同級生の飲み友兼セフレの千鶴子と約一ヶ月ぶりに
会う約束をして一緒に飲んでいた。

後から親友の律子も男を連れて一緒に合流予定だ。

「律子のやつ今日はどんな男連れてくるんだろう?何か聞いてない?」

「いやあ、わかんないけど、私達も知ってる男だって言ってたよ」

「なにー?それ誰だろう?まさか浩一じゃないよな?また復活したとか」

「わかんないねえ、浩一だったらあきらはいつも大学で一緒じゃないの」

「うん、そうだよな浩一だったら俺に話するだろうし・・・違う男じゃないの」

などと律子のことをつまみにしながら二人で飲んでるとド派手な律子が登場した。

「千鶴子!あきら!お待たせー」

何とその後ろにはいつも見てる顔の男がいるではありませんか。

「わおーー!浩一じゃんかあ」

「なーんだ、やっぱり浩一だったのね。知ってる男って言ったら浩一しかいないし」

浩一はあきらの高校時代からの親友で律子の高校時代の彼氏だったのだ、それで
よく4人で遊びに行ったものであった。

「よう!千鶴子久しぶりだなあ、あきらからお前のことはよく聞いてるから」

「浩一と律子っていつから?復活したのよ?」

「今日からだよ!先週電話あって会おうってことになったんだ、それも4人で一緒に
っていうから、そりゃいいなあって思ったんだ、あきらには驚かせようと思って
黙ってたんだ、ゴメン!」

「なーんだ、そうだったのかよう、まあ久々に4人で乾杯しようぜ!」

「乾杯!」飲める4人はそれぞれグラスのビールを一気に飲み干した。

「いっしょだなあ、あの頃と全員一気に飲んじゃって!」

高校時代の思い出話が盛り上がって飲み会は続いていたその時だった律子が
「みんな!明日までOKだよね、10時になったらいいとこへ移動するよ!」

「よっしゃー!行こうぜ!ってかどこ行くんだよ?」

すると律子が他の3人にひそひそ話をするよっていうポーズをとったので
4人は頭がくっつくくらいに顔を寄せた。

「いい?友達に教えてもらったカップルクラブに行くよ!11時からだから」

「それって俺初体験」「俺もだよ」「私だって」と皆行ったことなどなかった。

「そんなとこ危なくないの?」と千鶴子が心配そうに言った。

「大丈夫だよそこは友達の知り合いが働いてるし、酔った勢いで社会勉強
すればいいじゃん、カップルでしか入れないから今日みたいな4人いるとき
が絶好のチャンスなのよ!」律子は何が何でも行くぞという気構えであった。

「知らないカップルのやってるとことか見えるんだ?そりゃたまんないなあ!」

「あきらったら、何ニヤニヤしてんのよ?私から離れないでよね」

「相変わらず千鶴子は心配性だなあ、でも俺も興味津々だなあ」と浩一も乗り気だ。

「じゃあ10時までもうちょっと飲んでから出発よ!」律子が号令を掛けた。

       つづく

海岸でビキニギャルにハメハメ(無修正)



ライブチャット ジュエル

ライブチャット

[ 2011/09/20 17:26 ] カップルクラブにて | TB(0) | CM(0)

バイブ好きのおばさん 18

久美子はバイブ、ローターをベッドの上に総動員させると「あきら!これを好きなだけ
使っていいから私を感じさせておくれ!いくつ使ってもいいし、自分で使うのも許可
するから、それに私にいろんなポーズも命令してもいいし、やりたいことをすれば
いいんだよ」というのだ。

「は、はいでは本能の趣くままにおもちゃを使わせていただきます」あきらはしもべの
ように答えるのだった。

「では、まず四つん這いになってこれをクリトリスに自分で当てていてください」と
言うとローターのスイッチを入れて久美子に渡した。

久美子は下から腕をまわしてパックリ開いたオマンコの突起したクリトリスにローターを
当てるというよりめり込ませるように強烈に押しつけるのだった。

「あっ!あっ!ああぁぁ!いいわぁこのローター・・・・」と悶える久美子を見てあきらは
(これはどうやら本気で逝く気になってるな)と思った。

その証拠に久美子は今までとは声もローターの使い方も違っていて別人のようであったのだ。

あきらは目の前のドロドロに濡れたらビアをめくりながら拡げて口を近付けると夢中で舌を
差し入れ、唾液とマン汁でグチャグチャにしてしまった。

すると今度はグチャグチャになったラビアを唇に吸い込んでチューチューといやらしい音を
立てて思い切り吸い込むのだった。

濡らして吸い込むという行為を数回したときだった。

「ひっ!ひっ!ひぃぃ!た、助けてーもうお願いだからひと思いにオマンコを突いてぇー」
とさすがの久美子も四つん這いのまま早くあきらの一物を受け入れたい様子である。

「だったら俺にちゃんとお願いするんだな」攻守交代で今度はあきらが責め役であった。

「は、はい!あきらさん!私の汚いドロドロのオマンコをつ、突いて、突き刺してください」

あきらはまずはアナルに細めのバイブを突き刺すと思い切り中まで突っ込んだ。

「ひゃー!か、堪忍してなぁー!そんな奥まで!ああああぁぁ・・・・」

「ほら、ケツ穴はこれで我慢するんだ!こっちの穴は願い通りに俺のこれをぶち込んでやろう」

あきらはAVの主役になったつもりになってきたのだ。

するとどうだろう、こんなセリフがいとも簡単に口をついて出てくるのだった。

「俺もまんざらでもないな、なかなかやるじゃん」と自分のお芝居に酔ってしまっていた。

ピンピンに勃起した一物はいとも簡単に久美子のヴァギナを刺し貫いたのだ。

「キャ!キャー!す、すごいわぁぁ、あきらのお、おちんちん硬くて、さ、最高よぉー」

あきらは一物を超高速ピストンで10秒ほど抜き差ししたがそれが我慢の限界であった。

「うおおぉぉ!逝く、逝く、逝く、逝っくぅ!」と大きく叫びながらマグマを久美子の
ヴァギナの中に噴出させたのであった。

防戦一方の久美子は「ハァ!ハァ!逝くわ!逝きそうよ・・・・いいいぃぃ!」と小声で
あえぐのが精一杯であったようだ。

ベッドでの一戦が終了して一区切り付けた二人は疲れ果てて無言でただ横になっていた
のであった。

          つづく

>>素人さんオナニーを手伝ってくれませんか?<<





ライブチャット マダムライブ

バイブ好きのおばさん 17

尻肉を思い切り拡げられたあきらのアナルは中がパックリ開いて腸まで
見えそうなくらいであった。

その拡がったアナルに久美子は舌を丸めて差し込んだのだ。

「わおぉぉぉ!す、すごい・・・な、何この感触は・・・」
あきらは初めての快感に驚くばかりであった。

「今度は指入れるよ、順番に増やしていくからね、がんばりなさいよ」
久美子はまず人差し指を一本ブスリと差し込んだ。

「ひっ!ひっ、ひぃー」あきらは奥まで入り込んだ指を息を吸いながら
思い切り拒むようにアナルを閉ざしてしまった。

「わっ!何よこの締まりは、さすがにあきらは処女だけあってすごい
締まり方するわね、びくりしちゃったわ」
久美子は締め付けられた指を見つめながら言うのだった。

「次は二本行くわよいい?」中指を据えて入れようとしたがまだまだ固く
閉まったアナルにはね返されてしまった。

「あきらのアナルはまだまだ固いからよーく揉んでほぐさないとダメね」
久美子は指二本入れはどうやらあきらめたようだ。

「2本はまだ無理だから、バイブ入れてみようね、まずは細いやつから」
と言うと細身の長いバイブにローションをたっぷり垂らしていきなり
あきらのアナルに差し込んだ。

「うっ!く、来るぅー、中に来るぅー」あきらはかなり奥まで挿入された
バイブを自然にアナルで思い切りギュッと締め付けていた。

そうすることによってアナルに対する快感は非常に気持ちのいいものに
増長するのだった。

「あきら?そんなにいいのかい。あんたもお尻が好きな子だねぇ
それならバイブのスイッチ入れてあげるからね」

久美子はスイッチオンしてバイブを奥まで入れたり手前に引いたり
して何度も何度も動かすのだった。

バイブが前後に動くたびに身をくねらせながら悶えるあきらが久美子には
すごく可愛く思えて愛おしくなった。

「あきら!もうやめてあげるね、そろそろベッドでいいことしようか、あきらの
チンコを私のオマンコに入れてほしいな・・・」

「え!はい俺はいいですけど・・・今のもけっこう気持ち良かったです・・・」

「いいわよ、お尻ちゃんもいいことしてあげるからね・・・・・」

あまり経験のないあきらにしてみればちょうどMパターンが気持ちよく
なりかけていただけにちょっと残念な気もしたが何でも経験しなくちゃ
という勉強心とやっとセックスができるという嬉しさから素直に言うこと
を聞いたのだった。

久美子はバイブ、ローターを合わせて5本と電マとアタッチメントが4つ
すべてをベッドに持ち込んで「これを使いながら気持ちいいことしようね」
と言うのであった。

                  つづく
きれいな子にフェラされたい(ドアップ動画)





ライブチャット ジュエル

バイブ好きのおばさん 16

お尻を往復ビンタされてあきらは久美子が豹変しているのに気が付いた。
「何か、おばさん怖いよー」と言うと「こら!何がおばさんだ、久美子様
と呼びなさい」と一喝されてしまったのだ。

(おいおい今度は女王様かよ、ほんとにしばかれたらどうしよう?)
あきらは少しびびっていた。

「早く、肛門から水を出すんだ!わかってるのか?あきら」

「はい、水を出せばいいんでしょ」と四つん這いのままアナルに力を入れた。

「ブー、ブチ、ブチ、わおーすいません!変な音がしちゃったよ」とあきらは
力みながらも照れくさかった。

ブチブチと肛門から飛び散る水しぶき、だが水がまだ出てこない。

「あきら、今度はウンチ座りだ、してみな」

「うん、これでは水でないし、ちょっと待って」

「うんじゃないでしょ!はいと言いなさい、誰に口聞いてもらってると思ってるの」

「は、はいわかりました!」久美子がほんとに怖そうな人に見えてくるから不思議だ。

再びウンチ座りで力んでみた。

するとどうだ「ビチビチッ」と音がしながらも「チャポン、チャポン」と肛門から
水が垂れ流されているのだ。

「そらみろ、いっぱい水が出てきたじゃないか」というやいなや今度はお尻を
「バシン、バシン」と下から思い切り叩き上げてくるのだった。

「ああぁぁ!痛、痛いよー」これにはさすがのあきらも痛かったのか大声を出した。

「ほら!次はもう一回尻上げて、四つん這いだ」あきらはアナルを久美子の方に
向けて丸見えの四つん這いになった。

「ほらほら、汚いケツの穴をこっち向けるんじゃないよ」ビデの蛇口をひねると
強い水流でまたしてもアナルと玉袋周辺を洗い流されたのだった。

水流でよじれるアナルや玉袋に少々痛さを感じ出したので「い、痛いです!お願い
しますからもうやめて下さい」と女王様になりきっている久美子に対して奴隷らしく
懇願してみた。

「ほう、ちゃんとお願いできるじゃないか、女王様がご褒美にアナル舐めでもして
あげよう、ほうら、もっと頭を下げて床にくっつけて、腰を上げてケツを思い切り
突き出すんだ」

生まれて初めて女に命令されてする屈辱的な格好なのだが、あきらはゾクゾクする
悦びを感じながらも久美子に従ったのだ。

「おおおぉぉ、いい子だねあきらちゃん!きれいになったピンクのケツ穴を舐めて
あげよう、もう一度お願いしてごらん」

「は、はい!ぼ、僕のピンクのケツ穴を舐めて下さい、お願いします」あきらは
よく見るSMのAVを思い出しながら女王様の言う通りを反復したのだった。

「可愛い子ね、よく言えたわよ、今からいっぱいいっぱいご褒美をあげるからね」

久美子はお尻の後ろ側にしゃがみ込んで両手で両方のお尻の肉を思い切り開いた。

そこにはあきらのピンクのアナルの肉ヒダがめくれ上がって直腸の中まで見えそうな
くらいの小さな穴が開いていたのだ。

久美子は舌を尖らせると穴の中へと差し込んだのだった。

「あああぁぁ、す、すごい、何ですかこの気持ち良さは、ああああぁぁぁ・・・・」

初めて味わうアナルへの快感であった。

       つづく

きっとあなたの好きな素敵な人がカメラの向こうで待っている

この扉は別世界への扉です。目や耳や心だけの世界ではなく、創造を越えたすばらしいエロへの旅。あなたは今マニアックマックス1の世界へ入ろうとしているのです。自薦他薦、変態の方、大歓迎です。
プロフィール

妄想プリンス

Author:妄想プリンス
ご訪問ありがとうございます!皆さんはじめまして!妄想プリンスと申します。いつも良からぬエロい妄想ばかりしております。いろんな妄想体験談をご紹介していきたいと思いますのでよろしくお願いします!

アダルト何でもあります!
なら何でもあります!
30歳以上のお姉様の求人です
チャットレディ募集ならマダムライブ
お姉さんの在宅アルバイト
チャットレディ 募集
不思議な女体の研究
超一流モデルを見たいなら
SOD(ソフト・オン・デマンド)ch
フリーエリア
安心・安全梱包・送料無料
大人のおもちゃ通販
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

あなたもPING送信しませんか


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。